カウンター アクセスカウンター

本格的に声楽を学びたい方、生徒(若干名)募集中

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 対称となる方


私は今までに、学生の方から80歳を過ぎた方まで、たくさんの方を指導して参りました。これらの方々が数回のレッスンを受けた後で必ず口にされるのが「こんなに楽に歌えるものなのですねー!」と「そんなに高い音まで出てたんですか?」の2つの感想です。私はイタリアでジュリアーノ先生と勉強する前、既に何人かのイタリア人の先生に学び、ある程度は完成された状態で歌えていると思っていました。しかし、本当の伝統的ベルカント唱法を学んだ事で、それまでの自分が如何に喉に負担をかけた歌い方をしていたのか気づかされる結果になりました。
もし日本だけで勉強を続けていたとしたら、古いベルカントと近代ベルカントの違いを理解せずに歌い続けていたら、20代の頃より高音がずっと楽になり、50歳を目前にしても音域が更に拡がり続けている、今の自分の声は間違いなく存在しなかったでしょう。今まで、どの先生に習っても「これだ!」という、はっきりした実感を持てなかった方、ぜひ一度私の教室へいらして下さい。ご満足して頂くよう、全力で指導致します。




当教室のメソードをお勧めできる方
(大きな上達が見込める方)

クラッシック、合唱、またはラテン系の言語を基にするジャンル(ラテン、カンツォーネ、シャンソン)を志す方に限定させていただきます。全くの初心者でも余計な癖が身についていない分、経験者より上達が早い場合があります。合唱経験者でさらに上のレベルを目指したい方も大歓迎です。


イタリア語に照準を合わせていますが、『歌う言語によって発声は変わらない』という原則をご理解頂ければ、日本語、ドイツ語、フランス語、その他の専攻の方でも充分ご納得のいく成果が出てきます。若い頃は楽に出ていた高音が出なくなった、声に艶がなくなってしまった、喉が疲れやすいという方、ぜひ一度レッスンを受けてみてください。今までとは全く違った観点から声を組み立てる事により、予想外の好結果を生み出す場合があります。

当教室のメソードをお勧めできない方
(レッスンは可能ですが、成果を上げにくい方)


私自身の経験からこのようなスタンスではどちらの技術も完全習得できず、お互いが不本意な結果で終わってしまいます。詳しくは 『Lesson内容』 のページをご覧下さい。学校でのレッスンがある学生の方は例外となります。


発声は一日20分でも構わないので毎日続けることが重要です。適当な場所が家にはなくても、カラオケボックス等、格安で練習できる場所はたくさんあります。


年齢による制限は設けておりませんが、基礎的な体力が足りず上達が難しいと判断させていただいた場合はお断りさせていただくことがあります。

top
ホームページ開設にあたって
日本人の声に対する考え方と問題
失われつつある伝統的な発声法
メソードの考え方
声が破滅に至る仕組み
目標の自動達成システム
初めて声楽のレッスンを受けられる方へ
声種、パート分けで注意すべきこと
レッスン内容
当メソードへの質問と回答
対称となる方
講師紹介
動画・音声ファイル
イベント
アクセス・コンタクト
会員専用